ヘッダー画像

歯科口腔外科

歯科口腔外科|石神井公園駅徒歩1分の歯科|石神井公園駅前四季デンタルオフィス

歯科口腔外科について

歯科口腔外科

お口の中の外科的な治療を行います。
抜歯、お口の中にできた腫瘍、あごの関節の治療から舌や粘膜の異常まで対応します。リスクが高い抜歯、腫瘍、舌や粘膜の異常な専門医による診察が必要な場合には東京医科歯科大学病院・国立国際医療研究センターなどに紹介させていただきます。

抜歯

むし歯や歯周病が進行することで、歯を保存することができなくなった場合は、歯を抜くことがあります。
患者様の中には「歯医者では歯を抜かれる」というイメージを強く持っている方も多いかもしれません。
しかし最近の歯科治療では、可能な限り歯を残すという考え方が第一選択としてあります。当院でもその考え方にのっとって治療を進めてまいります。
ですが、お口の中の環境を改善するために抜歯を必要とする場合も多いのが現状です。

口腔の炎症

口腔の炎症が歯を原因とする場合、歯肉などに炎症が生じたりします。歯根の先や歯の周囲から細菌が侵入して感染してしまうためです。
原因となる歯の治療は、再発を防いだり顎の炎症の重症化を防ぐ上でとても大切です。歯を原因としない場合、「口内炎」と呼ばれるものが一般的で、舌、頬、唇などの口の粘膜に炎症が生じます。

口腔の腫瘍

口の中には、内臓同様、様々な腫瘍が生じます。悪性腫瘍(口腔癌)の発生も多く認められ、舌、歯肉、頬粘膜、顎骨、唾液腺などに生じます。一般的には、しこりを伴うただれやこぶが見られます。

顎顔面の外傷

「顎顔面外傷」は、顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことです。原因は、交通事故、作業中の事故、転倒、殴打など様々です。
負傷した部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。早期治療を行うことで機能・審美性の回復も可能ですので、お早めにご相談ください。

労働者災害補償保険(労災)を利用する場合の注意点

労災保険とは、業務上の事由または通勤途中の事故によって負傷、疾病、高度障害、死亡等の被害を負った労働者本人やその遺族の生活を守るための公的保険制度の一種です。

例えば通勤時に転倒して前歯を折った場合などがこれに該当し、ケガが治癒するまでの費用(医療費)が給付されます。

この場合、受診した医療機関が労災病院・労災指定医療機関なら自己負担なしで療養が可能ですが、当医院は労災病院・労災指定病院ではありませんので、ご本人が医療費を一度立て替えて支払い、労災認定を受けるための申請手続き等を行って給付を受けていただく必要があります。

制度・病院検索ついてはこちらをご覧ください。

口腔粘膜疾患

「口腔粘膜疾患」とは、歯肉、舌、頬など口の中の粘膜に発症する病気です。よく見られる症状として「口内炎」「前癌病変」「口腔癌」が挙げられます。専門医による診断が必要な場合には東京医科歯科大学病院・国立国際医療研究センターなどに紹介させていただきます。

TOPへ戻る