ヘッダー画像

審美歯科治療

審美歯科治療|石神井公園駅徒歩1分の歯科|石神井公園駅前四季デンタルオフィス

自然な美しさを求める、審美歯科

審美歯科

「審美」という言葉を聞くと、美容整形やエステのようなものを想像される方もいらっしゃるかもしれません。
審美歯科は、周囲と調和のとれた美しい口元を実現することをひとつの目的としていますが、「ただ白くきれいにする」だけでなく、その美しさをより長く維持させ、健康的な状態に維持させることも目的としています。
審美歯科には歯のクリーニング、ホワイトニング、ジルコニア治療、歯列矯正など様々な方法があります。当医院の審美外来では患者様に適した方法をご提案させていただきます。
審美歯科治療を行うことによって、よりご自分の笑顔に自信が持て、よりお口の中が健康的になり、快適になることを実感していただけると思います。

こんな方におススメです

  • 周囲と調和のとれた自然な見た目を希望される方
  • 年数が経っても美しさを維持したい方
  • 詰め物の変色や銀歯の色が気になっている方
  • より体に優しい材料で治療したい方
  • 歯の健康をより長く維持したい方

当院の審美歯科治療

オールセラミック治療

セラミックは色調や光の透過性が天然歯と類似しているため、天然歯とそっくりな見た目を再現できるのが最大の魅力です。また、傷がつきにくい性質があるので年数が経っても変色しにくいのも大きなメリットです。
また、歯垢を寄せ付けにくいので、歯や歯茎を健康に保ちやすく、材質的にも安定していますので、体にも害がありません。

一言でセラミックといっても、いくつか種類があり、その特徴も様々です。
ご自身の目的に合うものについては、ぜひ担当医とご相談ください。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。
その硬さゆえに、これまで金属しか使われていなかった奥歯の被せものやブリッジ、噛み合わせの強い方の詰め物にも、昨今ではジルコニアが使用されるようになってきました。
セラミックの一種ということもあり、審美性が高いことも特徴です。

ジルコニアは、その症例により、ジルコニア単体で使用する場合と、ジルコニアをフレームとして上に通常の陶材を盛る場合があります。

メリット

  • 非常に強度に優れる
  • 強い力がかかる場所でも金属なしで作れる
  • 年数が経っても変色、劣化することがない
  • むし歯や歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎に黒い変色を起こさない
  • 通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合ある(単体)
  • 奥歯でも使用が可能である(咬む力が強い方でもOK)
  • 自然な噛みごこちで軽い(金の1/3の軽さ)

デメリット

  • 費用が高め
  • とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難
  • 単体で使用した場合、透明感に劣る
  • フレームとして使用した場合、外側は通常の陶材(セラミック)なので、外側が割れる場合がある

e-max

e-max

e-maxは、言わばオールセラミックの最新版で、強度、審美性ともに従来のオールセラミックをしのぐ特性を持った素材です。クラウン(被せもの)やインレー(詰め物)としてはもちろん、ラミネートべニア(前歯前面などへの貼り付け)にも使用できるなど、その汎用性の高さが大きな特徴です。
透明感があり天然歯に近い見た目を再現できます。

メリット

  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分からむし歯になりにくい
  • 強度と透明度がある

デメリット

  • フレームタイプにセラミックを盛るクラウンに比べ、複雑な色付けには限界がある
  • 費用が高め
  • 噛み合わせが強い場所には適用できないことがある
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまう

セラミック治療

メタルボンド

メタルボンド

従来より作られているセラミックの被せ物の一種で、セラミックの強度を補うために、金属の裏打ちをしているものです。
セラミックの審美性と、金属の高い強度を兼ね備えた被せ物であり、前歯ほど審美性を要求されない奥歯に向いています。

メリット

  • 審美性と強度を兼ね備えている
  • オールセラミックよりもやや経済的

デメリット

  • 高い審美性が要求される場所には向かない
  • 金属アレルギーや歯茎の変色のリスクが多少ある
TOPへ戻る