ヘッダー画像

入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジ|石神井公園駅徒歩1分の歯科|石神井公園駅前四季デンタルオフィス

入れ歯とは

入れ歯・ブリッジ

歯が欠損してしまった方の治療方法

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、歯科医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

歯がないところを放置するリスク

1.食べ物を噛みきれなくなり胃腸に負担をかける

歯がなくなると食べ物を噛み切ったり、すり潰したりできなくなります。食べ物をうまく噛みきれていないまま飲み込んでしまうと、年をとって胃腸が弱ってきた時に体に負担をかけてしまいます。また、食事の内容も嚙みやすい柔らかい物を好むようになるため炭水化物にかたより、体全体の健康に影響を及ぼします。

2.歯を抜いたところに周りの歯が動いてくる

歯がなくなると周りの歯は、その部分を補おうとして動いてきます。そうすると、いざ治療をしようと思った時に、動いてしまった歯を戻さないと、部分入れ歯が作れなかったり、動いてしまった歯を大きく削らないといけなかったりします。また、全体の歯並びにも影響します。

3.歯を抜いた周りの歯が歯周病やむし歯になる

お口にはよく噛むことで唾液や食物の流れがよくなり、汚れがたまりにくくなる機能が自然に備わっています。ところが、歯がなくなってしまうと周りの歯がうまく咬むことができずによどみができ、汚れが溜まってしまうことでむし歯や歯周病になりやすくなります。

4.歯ぎしりや食いしばりが強くなる

かみ合わせや筋肉のバランスが崩れてくると、体は歯ぎしりで歯を削って自分でかみ合わせを整えようとするので、歯ぎしりや食いしばりが強くなります。

5.体のバランスが悪くなる

口の周りの筋肉は首や肩、頭につながっているものがあり、左右の筋肉のバランスが崩れると体のバランスを崩すことがあります。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床義歯

ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

インプラント義歯

インプラント義歯

インプラントを併用した入れ歯です。埋入したインプラント上にぴったりと合う入れ歯を装着します。インプラントと入れ歯がしっかりと固定されるので、入れ歯の横揺れがなくなり、よく噛めるようになります。また通常の入れ歯より小さく作れますので違和感が少なくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を入れ歯に、磁石につく金属の部品を歯に取り付けて使用します。磁石がしっかりと金属の部品に吸着するため、安定感に優れています。バネを使わずに済む場合には見た目が良くなり、また、装着時の違和感も少なくできます。

ブリッジとは

歯が欠損してしまった方の治療方法

何かの理由から歯を失ってしまった方は、欠損した部分を人工の歯で回復する必要があります。
欠損を放置すると、今ある元気な歯も悪影響を受け、顎や歯、顔や口元の見た目、発音や咀嚼など機能面にも悪い影響が出てしまいます。
現在、欠損を回復できる主な処置には、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

欠損した歯の周囲の歯にぐらつきがない場合、ブリッジで治療できる場合があります。
ブリッジは周囲の歯を削る必要があるところが欠点ですが、従来から行われている標準的な治療で信頼性が高い治療方法です。
ブリッジは健康保険が適応できる治療ですが、銀色の金属を使用したものになるため見た目はよくありません。保険外のセラミックを用いると見た目のよい自然感があるブリッジを作ることができます。

入れ歯、ブリッジ、インプラント、どれを選べばいいのか

一概にどれがいいとは言えません。これは患者様の年齢やお口の中の状態(残っている歯の数や咬み合わせなど)やライフスタイルに左右されるためです。患者様個別に生活の質が長期に渡って維持できる治療法をご提案いたします。
一度削ってしまった歯は、元の健康な状態に戻ることはありません。将来、患者様が後悔することがないように、納得して治療を受けていただけるようインフォームド・コンセントの徹底に努めてまいります。

入れ歯のよくある質問

入れ歯は何年くらい使用できますか?

一般的には3~5年での修理や取り換えが目安とされています。
入れ歯が緩くなってきたり、噛み合わせがすり減って平らになってきた時はご相談ください。

どれくらいの期間で入れ歯を作れますか?

患者様のお口の状態によって変化するため、一概には言えません。
ただ、良い入れ歯を製作する場合には、それ相応の時間がかかるとお考えいただいた方が良いかと思います。
一度お越しいただければ、問診・カウンセリングを実施させていただき、おおよその治療期間をお伝えできます。まずはご相談ください。

入れ歯をしていることを周囲に知られないようにできますか?

天然の歯に色味が近いセラミックなどの素材を用いることで、一見しただけでは入れ歯とわかりにくいものをお作りすることが可能です。
また患者様一人ひとりのお口やお顔に合わせて、自然に見えるような歯並びも調整できます。

当院では、使い心地も見た目もこだわった入れ歯治療を行っております。お仕事やお食事の場面など、日常生活においてはほとんどわからないような入れ歯をお作りすることも可能です。

インプラントにするか入れ歯にするか迷っています。両方のメリット・デメリットを教えてください。

患者様一人ひとりの歯の健康状態によって異なります。また、入れ歯とインプラントとでは費用や時間、メリットやデメリットなども全く違ってきます。お話を聞くだけではなかなか判断に困る部分が多々ありますので、一度ご相談に来院されることをおすすめいたします。お気軽にご相談ください。

TOPへ戻る